出過ぎない、けれども行き届いたサービス

シックな内装。シェフが吟味した料理の数々。飲み頃を迎えたワイン。
美しい世界の食器、オリジナルのワイングラス‥。

1984年、お客様の身になったサービスを志しギャルソン(給仕人)が集ってオープンさせた当店「Pérignon(ペリニィヨン)」は、
小さい店ならではの良さを活かし温かくお客様をお迎えしております。

お料理は、フランス料理の真髄でありますコンソメスープを開店以来、絶やさず出し続けておりますように、
正統で真っ当なフレンチを基本にしております。

銀座で37年間、一流のお客様に愛され続けてきた洒脱(しゃだつ)なお店です。

伝説のギャルソン(給仕人)伝説のギャルソン(給仕人)

Pérignon 創業者
明永 正範AKENAGA MASANORI
(1951年 - 2013年)

 昭和26年、博多に生まれた明永 正範(あけながまさのり)は18歳で上京、フランス映画のギャルソン(給仕人)に憧れてサービスの世界を志しました。一流のホテルとレストランで修行を積み重ね、1984年に共同経営で『Pérignon(ペリニィヨン)』を創業しました。

Restaurant Pérignon(レストラン ペリニィヨン)は、料理人主導型の店が多い日本では珍しく、ギャルソンが中心となって店をコントロールするスタイルでした。明永は、お客様と料理人の架け橋ととして、『お客様の望む“おもてなし”とは何か』を生涯追求し続けました。『出過ぎない、けれども行き届いたサービス』を常に念頭に、後進のギャルソン達へ、その信念を熱く説きました。
~レストランはお客様が安心して語り合うことのできる、心癒されるべき場所。“おもてなし”の心のない者に、この世界は務まらない~

明永はまた、日本と世界を代表する著名人の会食の席にて、サービスを担当・指揮することも多々ありました。そのサービスは『世界に通じるメートル・ド・テル』と賞賛されました。

『銀座の達人たち 』(早瀬圭一著新潮社刊) にも選ばれた、“日本を代表するギャルソン”明永の魂は今も『Pérignon』に受け継がれています。

アクセス

〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目10-19 銀座一ビルヂング 2階
銀座線・京橋駅、有楽町線・銀座一丁目駅、都営浅草線・宝町駅 各駅
銀座一丁目10番出口から徒歩1分
銀座駅A13出口から徒歩7分
JR有楽町駅より徒歩10分
ランチタイム  11:30~15:00
ディナータイム 17:30~20:00
定休日:月曜日、他不定休あり(お問い合わせ下さい)
TEL:03-3567-3641
MAIL:contact@perignon.jp